2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年2月

第8回障害者スポーツ指導者全国研修会

2月10日(日)に 福岡国際会議場 にて、第8回障害者スポーツ指導者全国研修会が行われました。

200名を超える参加者が会場を埋め尽くしていました。
午前中はシンポジウムが開かれました。

8th_syougaisyasports_zenkokukensyuu


平成23(2011)年に スポーツ基本法 の全部が改正されました。新しい法律の第2条5項には「スポーツは、障害者が自主的かつ積極的にスポーツを行うことができるよう、障害の種類及び程度に応じ必要な配慮をしつつ推進されなければならない。」、第12条2項には「スポーツ施設を整備するに当たっては、当該スポーツ施設の利用の実態等に応じて、安全の確保を図るとともに、障害者等の利便性の向上を図るよう努めるものとする。」とあり、また全国障害者スポーツ大会の実施・運営に要する経費を国の補助をすることなど、障がいのある人へのスポーツ参加を法律で推進することが明記されました。

教育の現場では、通常学級と 特別支援学級 の生徒と一緒に体育の授業を実施している学校もあり、その授業においては誰もが楽しめるスポーツを取り組むことの大切さ、また、障害者スポーツ指導員資格を学校のカリキュラムで取得できるところでは、学生、教員のライフスタイルで、地域のニーズに沿った取り組みに関する可能性など、様々に発表がされました。


昼食休憩の前に・・・ 熊本市政令指定都市記念 チャレンジ陸上大会2013 のお知らせがありました。「4月に熊本県で陸上大会があります。また、記念Tシャツを作りましたsign03」と紹介していました。Tシャツを確認したところ、伸縮性のある丈夫なTシャツでした。「欲しいなぁheart02」とシャツの肌触りなどチェックしていると「シャツの素材にも、こだわりましたョ。ゴメン、事務局長さんが着れるサイズは無理だ・・・」そんなぁshock
・・・みなさん、事務局長の分もゲットしちゃってくださいhappy01
8th_syougaisyasports_zenkokukensy_2



午後は分科会で、事務局長は「地域での障害者スポーツ指導者の活動事例」に参加しました。
総合型地域スポーツクラブ が車いすスポーツ体験教室を開いたこと、地域でスポーツ教室を企画・運営をしている団体の実態などが発表されました。教室に参加する人は、お互いに協力し合って会場まで集まっていること、地域のスポーツ活動を継続していくためには、運営費に見合う会費を徴収する必要があり、障がいのある人のスポーツでは、どうしても人件費がかさむため会員に説明した上で+α円をお願いしているなど、様々な実態を聞きました。一方 障がいのある人の中には収入が少ない統計もあり 総合型地域スポーツクラブの会費さえも拠出が困難な人に関して、関係機関が各クラブへ会費に関して理解を呼びかける取り組みも必要との意見も出されていました。

ただ、総合型地域スポーツクラブの収支もギリギリなところ。こういった申し出に対して、どのように対応するのか、機会があれば聞いてみたいと思った事務局長でしたthink

第14回静岡県障害者スポーツフォーラムに参加しました

2月3日、静岡県総合研究所「もくせい会館」で 第14回静岡県障害者スポーツフォーラム が行われ、部員は練習会と位置付けて参加しました。

フォーラムの会場は大勢の参加者でにぎわう中で開会しました。
来賓のあいさつでは「私の子どもに障がいがありますが、社会人になりスポーツ活動の機会が少なくなったとき、障害者スポーツ指導員の協力もあって取り組むことができている。大変感謝している、また、定年を迎えた折にも、そういった活動にも関わっていきたい」と今回の障害者スポーツフォーラムは今までとは少し違いを感じた事務局長でした。

特別講演では、山口県障害者スポーツ指導者協議会会長・三枝氏より、山口県内の障害者スポーツ指導員の活動状況について、障害者スポーツ協会の取り組みと併せて紹介がありました。山口県では、独自に市町に障害者スポーツ協会を立ち上げながら様々な競技団体と一緒となって取り組む姿、様々な知識を持った人を「指導員」と位置付けて結成した人材バンクを持ちニーズに応じて派遣するなどの事例を紹介いただき、障害者スポーツの活動が、地域の生涯スポーツへ変わりつつあることを感じました。


午後、障害者スポーツ紹介・実践コーナーは体育館で実施されました。
約20もの団体が、誰もが気軽に楽しめる運動(ニュースポーツ)の紹介、日ごろ取り組んでいるスポーツの紹介をしました。もちろん、ドリームロードアスリートクラブもスペースをいただいて日ごろの活動を紹介しましたhappy01

展示物は、大会要綱、事務局長が参加した研修会の資料、練習や競技に使う道具、ロンドンパラリンピックの写真、全国障害者スポーツ大会応援に行った話題など、テーブルいっぱいに展示をしましたwink
14th_syougaisyasports_forum1

実践コーナーでは、部員が日ごろの練習では触れることがない ラダーゲッター やパラリンピック公式種目「ボッチャ」の球を使ったターゲットボッチャを体験し、陸上競技とは違ったスポーツの楽しみを感じている様子でしたhappy02
14th_syougaisyasports_forum2

シンポジウムでは、障害者スポーツ指導員の活動の活性化に向けて~障害者スポーツ活動の課題・問題への対応策を考える~をテーマに開かれました。
「障害者スポーツ指導員」の資格取得後、「仕事との両立が難しい」「時間が取れない」「情報が少ない」「指導に不安がある」という事情や理由によって、活動に踏み出せない指導員も多くいらっしゃるのが現状で、そういった事情の打開策のヒントや考え方など、様々に出されていました。

その後、交流会(懇親会)が行われ、部員も名刺交換に参加していろいろなスポーツ活動へ参加したい意欲を見せていましたwink


今回の障害者スポーツフォーラムの「障害者スポーツ・実践コーナー」には、多くの来場者でにぎわい、主催者発表では何と100名sign03happy02
来場者から「障がいのある人のスポーツの多さに驚きました」、展示した団体から「今までは、老若男女できるスポーツとして提案してきましたが、障がいのある人にも十分に楽しめるスポーツであることを知る機会となりました」など好評だったそうです。また、特別講演をされた三枝氏からも「大変素晴らしい時間だったと思う」と振り返っていました。
今後もクラブの広報活動にも力を入れたい、と思った事務局長でしたcatface

« 2013年1月 | トップページ | 2013年5月 »